ワーケーションのプロが、「働きながら休む」効果と課題を提示 BIGLOBE Styleイノベーションミーティング:オンラインvol.1開催 ~地方移住やワーケーションがもたらすエリアイノベーションによる地域活性化を議論~

BIGLOBEプレスルーム

https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2020/09/200925-1

 BIGLOBEは、社会が関心を寄せる新しい取り組みやSDGsに関する話題を専門家と議論するオンラインイベント「BIGLOBE Styleイノベーションミーティング:オンライン」Vol.1を2020年9月24日に開催しました。

https://youtu.be/PrYgk-TuiQw

 今回は「新しい住み方と働き方」をテーマに、各界で活躍している専門家4名が地方移住やワーケーションなど注目の取り組みを議論しました。

 本イベントに登壇したのは、別府と東京で地域活性化に取り組むローカルプランナーの池田佳乃子氏、タレント・ラジオDJとして活躍する三原勇希氏、株式会社オープン・エー代表で東京R不動産ディレクターの馬場正尊氏、BIGLOBE Style編集長でBIGLOBE人事部の桑原晴代氏。

登壇者(左から)、池田佳乃子氏、三原勇希氏、馬場正尊氏、桑原晴代氏

 イベントでは、新型コロナ感染拡大により在宅勤務が徐々に普及する中、注目されている地方移住と二拠点生活について議論が及ぶと、実際に別府と高円寺で二拠点生活を行っている池田氏は、「二拠点生活をすることで自分自身の中にある、都心と地方のバイアスのバランスが保たれている」と思考の点でのメリットを強調しました。

 また、地方活性化の切り札として注目を集めるワーケーションについて馬場氏は、「地方でワーケーションをする際には回線環境の整備が何より大切。回線環境が整っていないとワーケーションは成立しない」と、ワーケーションによる地方活性化の効果とともに、インフラ面の課題を提示しました。

 イベントの最後に、BIGLOBE人事部の桑原氏は、withコロナ時代の人材採用に求められることとして在宅勤務やリモートワークが可能なのはもちろん、働き方を選べる環境の整備が重要と主張。この意見に多くの登壇者が同意する中、イベントは終了しました。

オンラインミーティングの様子(YouTubeより)

 本イベントの模様は、下記URLにて無料で視聴できます。

https://youtu.be/PrYgk-TuiQw

 この「BIGLOBE Styleイノベーションミーティング:オンライン」Vol.1の詳細なレポートは、後日「BIGLOBE Style」に掲載予定です。

 BIGLOBEはネットとリアルの世界の「Life-changing Company」を目指し、お客さま一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。

※記載されている会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。

※BIGLOBEのニュースリリースは https://www.biglobe.co.jp/pressroom からご覧になれます。