新刊『2022年 再起動する社会』が2021年10月18日に全国書店にて発売決定!

米国富士通を3年で再建したビジネスマンが教える
アフターコロナの近未来とは?

株式会社 高陵社書店(代表:布川 敦司、所在地:東京都港区六本木)は、2021年10月18日に伊東 千秋 著『2022年 再起動する社会』を発売します。

表紙

■ビジネスの常識を疑え!

年間100億の赤字を抱えた米国富士通をまたたく間に黒字化させた男。

彼の言う、「未来は既に起こっている」の意味とは?

アフターコロナに必須の“勝利の法則”を、誰にもないイノベーティブな発想から説く!!

タイトル:2022年 再起動する社会

著者  :伊東 千秋

ページ数:208P

価格  :1,980円(10%税込)

発売日 :2021年10月18日(月)

ISBN  :978-4-7711-1043-4

【目次】

はじめに

~われわれは、「既に起こった未来」を生きている

第一章

2022年に起こっていること

・製薬業界2.0 ~ファイザーが起こした「カイゼン」

・日本が半導体戦争に勝利する日

・医療の未来を切り開く、馬 雲(ジャック・マー)

・電子政府への壁を破る ~既得権益との戦いの果てに

・最低賃金は引き上げられる ~ポストコロナのバブルとは

・脱炭素問題の行方 ~二酸化炭素は国際通貨に

・EV化による自動車産業の試練

・ジェンダー・ギャップからの脱出

・カジノ産業の顛末

・活況続く、不動産市場

・1億総ノンアルの時代へ

・ポストコロナで学んだ「寛容である」ということ

第二章

未来を見ていた世界

・ドイツの国家戦略Industrie4.0 ~ドイツの財輸出はGDP40%に

・YouTube16億回再生 カーン・アカデミーのエリート教育

・早かった、イギリスのオープン・オンライン教育

・目利きの起業投資家は、アフリカに目をつけた

・衰退する広告・増益したニューヨーク・タイムズ

・大量在庫の悪夢からアパレルを救った堂前宣夫さんのこと

・テクノロジーで変わる、旅の未来

・食糧危機を救え ~早かったシリコンバレーの動き

・中国でバカ売れした日本のメガネ

第三章

世界から取り残された日本

・コロナに翻弄された2020年

・ムダな働き方をしてきた日本

・日本企業と経営者が乗り越えるべき課題

・個人情報を隠したい国民性の落とし穴

・「祭り」を取り上げられて

・デフレ・ビジネスという沼

・炙り出された医療問題

・われわれに与えられた課題

あとがき

~パラノイアだけが生き残る

■著者:伊東 千秋(いとう ちあき)

1947年10月10日生まれ。東京大学工学部電子工学科卒業後、1970年に富士通株式会社入社、ノートパソコン事業立ち上げに携わる。

1998年、当時年間100億の赤字を抱えていた米国のPC販売子会社(FUJITSU PC CORPORATION USA)の再建のため、Chairman&CEOとして赴任。3年のスピードで黒字化を果たして帰国。

2004年に富士通株式会社の取締役専務としてプロダクト部門を担当を経て、代表取締役副社長(海外ビジネス担当/次世代技術戦略担当)就任後、同社代表取締役副会長。2010年株式会社富士通総研 代表取締役会長、2013年日立造船株式会社 社外取締役、2015年株式会社ゼンショーホールディングス 社外取締役、株式会社オービックビジネスコンサルタント 社外取締役(現在に至る)。

その他、文部科学省 科学技術、学術審議会 研究計画、評価分科会、情報科学技術委員会委員など、多数の公職を歴任。

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社 高陵社書店

TEL: 03-5614-0363

FAX: 03-5614-0383

HP : http://koryosha.net/