日本ガイシ株式会社に蓄電池の特性に関する世界初のUL検証マークを発行

米国の第三者安全科学機関UL (本社:イリノイ州ノースブルック) は、碍子(がいし)および産業用セラミック部品で世界をリードする日本ガイシ株式会社(以下:NGK)のニッケル亜鉛二次電池セル(型式名:CZTA100V2A01)に対し、UL 9540A(Test Method for Evaluating Thermal Runaway Fire Propagation in Battery Energy Storage Systems)規格に基づく試験を実施し、蓄電池分野における世界初のUL検証マークを発行したことを発表します。

ULは、独立行政法人 製品評価技術基盤機構 (NITE) 国際評価技術本部 蓄電池評価センター (NLAB)の協力の下、日本国内で客観的、かつ、科学的手法を用いて評価を行いました。UL 9540Aに基づく試験を行った結果、NGKのニッケル亜鉛二次電池セルは、表面加熱、過充電、過放電、釘差し試験において熱暴走や発火は不発生であることを確認し、UL検証マークを発行しました。 

UL 9540Aのセルレベルの試験では、過酷な条件下におけるセルの挙動、並びに、熱暴走発生の潜在的可能性、すなわち、セルの危険な発熱、有炎延焼、および爆発に至る潜在的可能性を検証します。

日本ガイシ株式会社の代表取締役副社長 武内 幸久氏は次のように述べています。「お客様に当社の製品を安心してご利用いただく上で、科学的根拠に基づき検証を行う第三者機関であるULの検証マークを取得したことは価値があり、蓄電池メーカーとして世界初のUL検証マークを取得したことは大きな喜びです。これにより、お客様に自信をもって、当社の製品を採用していただけるものと確信しております。」

株式会社UL Japan代表取締役社長の山上英彦は、「今日、電池および蓄電システムは産業、商業、一般消費者用に限らず、あらゆる用途で欠かせない製品となっています。性能要件を担保しながら、製品設計および技術革新を追求することは製造者にとっての永遠の課題と言えます。当社は技術の進歩を見据え、お客様と共に、さまざまな課題に取り組んでまいります。」

【Verified Markの対象製品】
製品名称: ニッケル亜鉛二次電池セル (型式名:CZTA100V2A01)
製品特性等の詳細はこちら(https://verify.ul.com/verifications/274

【株式会社UL Japanの概要】
株式会社UL Japan は、 世界的な第三者安全科学機関であるUL の日本法人として、 2003 年に設立されました。 現在、 UL のグローバル・ネットワークを活用し、 北米のUL マークのみならず、 日本の電気用品安全法に基づく安全・EMC 認証のPSE およびS マークをはじめ、 欧州、 中国市場向けの製品に必要とされる認証マークの適合性評価サービスを提供しています。 詳細はウェブサイト(https://japan.ul.com/)をご覧ください。

以下のソーシャルメディアアカウントからもご覧いただけます。
UL Japan Twitter公式アカウント: https://twitter.com/ul_japan
UL Japan Facebookページ: https://www.facebook.com/ULinJapan

【ULの概要】
ULは、科学の活用によって安全、セキュリティ、サステナビリティ(持続可能性)における課題を解決し、よりよい世界の創造に寄与します。そして、先進的製品/技術の安全な導入を実現することで、信頼を高めます。ULのスタッフは世界をより安全な場所にするという情熱を共有しています。第三者調査から規格開発、試験、認証、分析/デジタルソリューションの提供まで、ULは業務を通じて、より健全なグローバル社会の構築を目指します。 ULに対する信頼が、企業、メーカー、政府当局、規制機関、人々のスマートな決断を支えます。詳細はUL.comをご参照ください。